2010年03月25日

カート事故でカメラマン書類送検へ=石川遼取材のTBS下請け会社−高知県警(時事通信)

 高知県芸西村の「KOCHI黒潮カントリークラブ」で昨年11月、石川僚選手らが出場した男子プロゴルフツアー「カシオワールドオープン」を取材中のTBSのクルーが乗ったカートが暴走し、ギャラリー3人がけがをした事故で、高知県警安芸署は19日にも、運転していた下請け制作会社の男性カメラマンを自動車運転過失致傷容疑で書類送検する方針を固めた。 

山梨県の建設業者60社に立ち入り検査 公取委(産経新聞)
日中韓「今まで以上に良好に」=東アジア共同体の意義強調−鳩山首相(時事通信)
小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
<天皇、皇后両陛下>皇太子ご一家と御所で昼食(毎日新聞)
池谷氏当選なら3度目結婚も(スポーツ報知)
posted by ウシジマ タケイチ at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

面識ない人同士の生体臓器移植検討へ―移植学会(医療介護CBニュース)

 血縁関係など親族間での提供を原則としている生体臓器移植について、面識のない人同士でも提供できるよう、日本移植学会が新たな制度の検討を始めることが、3月17日までに分かった。5月9日に開かれる同学会の理事会で提案、審議される見通し。

 国内での生体臓器移植は、原則として親族に限られており、いわゆる「ヤミ仲介業者」の関与や臓器売買を防ぐことなどを理由に、面識のない人同士での臓器提供は事実上認められていない。

 今回、新たな制度の検討が行われることになったのは、レシピエントを特定せずに臓器提供をしたいというドナーの申し出があったため。「病気に苦しむ人のために、自らの健康な腎臓を役立てたい」との理由だったが、移植学会が移植の可否について審議する倫理委員会でも、レシピエントが不特定のケースは過去に例がなく、生体臓器移植のあり方について新たな指針が必要になった。
 ただ、▽本人の意思のみを根拠に、健康な人の体にメスを入れることが医学的・倫理的に妥当か▽日本臓器移植ネットワークの登録者の中から誰をどういう基準で選ぶか―など、極めて慎重な議論が必要な検討課題も多く、関係者は「新制度が実施に到るまでには、相当の時間を要するだろう」と話している。


【関連記事】
あて先ない「紹介状」の提供依頼に注意を―厚労省
親族優先提供、心臓は除外を―循環器学会が要望書
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相
臓器移植法改正案、「A案」成立
「質の高い移植コーディネーターが必要」

懐かしカメラが3千台…パン工場に博物館(読売新聞)
検知管すり替え、警部補が呼気検査ミス隠し(読売新聞)
<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
トイレ盗撮カメラ、仕掛ける自分の姿を撮影(読売新聞)
<民主党>マニフェスト企画委が初会合(毎日新聞)
posted by ウシジマ タケイチ at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。